• 本

判例刑法演習

出版社名 法律文化社
出版年月 2015年4月
ISBNコード 978-4-589-03637-7
4-589-03637-1
税込価格 3,740円
頁数・縦 336P 21cm

商品内容

目次

刑法判例の読み方
「因果関係」を論じる意味―「米兵ひき逃げ」事件
不作為の因果関係・殺人罪と保護責任者遺棄致死罪との関係―「十中八九」事件
正当防衛・過剰防衛―「ゴミ捨て場闘争」事件
緊急避難―「オウム真理教集団リンチ殺人」事件
事実の錯誤―「窃盗と遺失物等横領の間の錯誤」事件
過失致死傷罪と「信頼の原則」―「黄色点滅信号機」事件
早すぎた構成要件実現と実行の着手―「クロロホルム殺人」事件
共同正犯と正当防衛―「仲間の過剰防衛」事件
共犯からの離脱または共謀関係の解消―強盗着手前離脱事件〔ほか〕

出版社
商品紹介

「判例」の射程、そして射程が及ばない部分での論理的な考え方を涵養。刑法総論と各論を有機的に結びつけ、応用するための演習書。

著者紹介

松宮 孝明 (マツミヤ タカアキ)  
1958年生。京都大学大学院法学研究科博士後期課程学修。博士(法学)。現在、立命館大学大学院法務研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)