• 本

戦後日本思想と知識人の役割

同志社大学人文科学研究所研究叢書 49

出版社名 法律文化社
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-589-03650-6
4-589-03650-9
税込価格 9,180円
頁数・縦 403P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

激動する現代日本において「行動する知識人」の役割の復権を願い、平和や人権といった戦後的価値の実現に向けて熱き想いをもって議論していた戦後初期の思想動向を改めて振り返る。

目次

戦後日本思想への新たな関心の高まり
第1部 天皇制・ナショナリズム・アジア
第2部 平和思想・市民主義・社会科学
第3部 自由主義と変革思想
第4部 戦後文学の思想
第5部 福祉・ジェンダー・反戦・沖縄

出版社
商品紹介

戦後的価値が掘り崩されようとしている今、日本の来し方行く末が熱き想いをもって議論された戦後初期の思想動向を改めて振り返る。

著者紹介

出原 政雄 (イズハラ マサオ)  
同志社大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)