• 本

18歳からはじめる情報法

From 18

出版社名 法律文化社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-589-03833-3
4-589-03833-1
税込価格 2,484円
頁数・縦 91P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

情報や通信は憲法とどのようにかかわっているのだろうか
知的財産はどのような場合に法的に保護されるのだろうか
情報通信はどのような法的仕組みで保障されるのだろうか
サイバースペースにおける表現規制はどのようにされているのだろうか
ネット上の名誉毀損や営業妨害にはどのような特徴があるのだろうか
ネット上の著作物やドメイン名の使用はどのような規制があるのだろうか
プロバイダは法的にどのような義務を負っているのだろうか
サイバースペースでの商取引にはどんな法律が適用されているのだろうか
電子データの真正性・完全性はどうやって証明されるのだろうか
個人情報の保護と利活用はどのように保障されているのだろうか
承諾なく送られた商業メール(スパムメール)はどのような法規則があるのだろうか
ネットのセキュリティはどのように法制化されているのだろうか?
行政手続のオンライン化はどのように法規制されているのだろうか
民間の電子化に関する法制度はどこまで進んでいるのだろうか
行政情報の公開と利活用はどのように保障されているのだろうか

出版社・メーカーコメント

パソコンやスマホなどでインターネットを利用するといった日常的な状況のなかで遭遇する15のテーマを取り上げ、情報と法に関する入門的な知識を平易に解説する。

著者紹介

米丸 恒治 (ヨネマル ツネハル)  
専修大学法科大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)