• 本

ポピュリズムのグローバル化を問う 揺らぐ民主主義のゆくえ

立命館大学人文科学研究所研究叢書 第21輯

出版社名 法律文化社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-589-03839-5
4-589-03839-0
税込価格 5,184円
頁数・縦 265P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 ポピュリズムとは何か(ポピュリズムの政治空間
デモクラシーの影のなかに―グローバル・ポピュリズムの可能性)
第2部 ポピュリズムと民主主義の危機(南欧におけるポピュリズムの展開とデモクラシーの危機―イタリアを中心に
フランスのポピュリズム―統合と排除の狭間で
合意型民主主義におけるポピュリズム政党の成功―ベルギーを事例に
北欧ポピュリズム―反税から反移民へ
国境を守るのは誰か?―アメリカ合衆国の移民管理とポピュリズム)
第3部 民主化とポピュリズムの台頭(ロシアにおけるポピュリズムの展開
現代ラテンアメリカのポピュリズム―新自由主義とグローバル化を共鳴板として
東南アジアのポピュリズム―フィリピンとタイにおけるポピュリズムと政治的包摂
復活する地方アイデンティティ:統合と分離―インドネシア・バリ州におけるポピュリズムの考察
日本のポピュリズム―政治的基盤)

著者紹介

中谷 義和 (ナカタニ ヨシカズ)  
立命館大学名誉教授・同大学人文科学研究所上席研究員
川村 仁子 (カワムラ サトコ)  
立命館大学国際関係学部准教授
高橋 進 (タカハシ ススム)  
龍谷大学法学部教授
松下 冽 (マツシタ キヨシ)  
立命館大学特別任用教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)