• 本

生活分析から政策形成へ 地域調査の設計と分析・活用

出版社名 法律文化社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-589-03876-0
4-589-03876-5
税込価格 3,564円
頁数・縦 219P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 生活を把握するということ:調査の目的と設計(生活分析と地域調査
地域調査の設計)
第2部 実態を正確に把握する:調査の基本と方法(量的調査1 データ解析の実際
量的調査2 多変量解析(1):変数間の関係式(モデル式)―意識調査の関係性の調査:モデル式の作成
量的調査3 多変量解析(2):変数間の関係性(グループ化)―意識調査の関係性の調査:関係性の視覚化
質的調査の設計と方法)
第3部 データを活用する:分析から政策形成へ(生活分析から政策形成へ
生活に迫る調査を)
巻末資料

著者紹介

河合 克義 (カワイ カツヨシ)  
1949年北海道生まれ。明治学院大学大学院社会学研究科社会学・社会福祉学専攻博士課程修了(専攻は地域福祉論)。フランスナンシー大学社会学研究所客員研究員(1981〜82年)、明治学院大学社会学部長・副学長を歴任。現在、明治学院大学大学院社会学研究科主任教授。港区政策創造研究所初代所長、総務省「今後の都市部におけるコミュニティのあり方に関する研究会」座長(2012〜14年)、同「都市部におけるコミュニティの発展方策に関する研究会」座長(2014〜15年)、内閣府「地域活動における男女共同参画に関する実践的調査研究検討会」座長(2016〜17年)を歴任。葛飾区介護保険事業審議会会長、港区地域包括ケアシステム推進会議委員長、東京都生活協同組合連合会理事などの職にある
長谷川 博康 (ハセガワ ヒロヤス)  
1970年兵庫県生まれ。神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。SPSS株式会社、ボーダフォン株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、エクスペリアンジャパン株式会社とデータ分析を行う。現在、独立し(株式会社スタテックス代表)多くの企業で統計解析やデータマイニング、それらの教育、分析のコンサルティングを行う。その傍ら、港区政策創造研究所特任研究員、明治学院大学大学院非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)