• 本

在日朝鮮人アイデンティティの変容と揺らぎ 「民族」の想像/創造

出版社名 法律文化社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-589-03891-3
4-589-03891-9
税込価格 5,292円
頁数・縦 202P 22cm

商品内容

目次

序章 本書の視角
第1章 在日朝鮮人はいかに自己を想定し、呼ぼうとするのか―「在日朝鮮人」「在日韓国人」「在日コリアン」「在日」
第2章 朝鮮にたいするコンプレックス―北朝鮮「帰国」をめぐって
第3章 朝鮮人でなくさせられた朝鮮人―金嬉老事件と在日朝鮮人の「民族」
第4章 自らの民族性をとりもどす闘い―反差別闘争と「民族性」の堅持
第5章 日本でしか生活しえない存在―定住化と指紋押捺拒否運動
第6章 最も身近な外国人―国籍条項撤廃運動をめぐって
第7章 「コリア系日本人」という衣装に着替える時代―日本国籍取得論をめぐって
終章 在日朝鮮人を「在日朝鮮人」たらしめるのはなにか

著者紹介

鄭 栄鎭 (チョン ヨンジン)  
大阪市生まれ。大阪市立大学大学院創造都市研究科博士後期課程修了。博士(創造都市)。大阪市立大学都市研究プラザ特任助教、同人権問題研究センター特別研究員ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)