• 本

離島と法 伊豆諸島・小笠原諸島から憲法問題を考える

出版社名 法律文化社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-589-03932-3
4-589-03932-X
税込価格 4,968円
頁数・縦 226P 22cm

商品内容

目次

第1章 伊豆大島独立構想と1946年暫定憲法(1946年1月29日GHQ覚書
覚書を受けた上での伊豆諸島の反応 ほか)
第2章 地方自治法下の村民総会の具体的運営と問題点―八丈小島・宇津木村の事例から(地方自治法下の町村総会規定
宇津木村の村民総会 ほか)
第3章 公職選挙法8条への系譜と問題点―青ヶ島の事例をきっかけとして(公職選挙法8条と公職選挙法施行令
公職選挙法8条制定時の意図 ほか)
第4章 「過疎‐無人島化」から考える法・政策上の争点―八丈小島全島民引揚げ事例を参考にして(無人島化とは
八丈小島が無人島化に至る経緯 ほか)
第5章 小笠原村村政審議会の概要と問題点―小笠原諸島『復帰』後の小笠原村政に関する一考察(村政審議会に関する法令とその制定経緯
条例等に描かれる村政審議会 ほか)

著者紹介

榎澤 幸広 (エノサワ ユキヒロ)  
1973年生。専門は、憲法学、マイノリティと法、島嶼と法。早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了。専修大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。名古屋学院大学現代社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)