• 本

デモクラシーとセキュリティ グローバル化時代の政治を問い直す

出版社名 法律文化社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-589-03933-0
4-589-03933-8
税込価格 4,212円
頁数・縦 219P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

第一線の政治学者がデモクラシーとセキュリティの交差を論じる。

目次

グローバル化と政治の危機
1 グローバル化の中のデモクラシー(グローバル化時代の集団的自己決定
資本主義と民主主義はなおも両立可能か
戦争と難民の世紀からテロリズムの世紀へ―国際美術展における政治とセキュリティの表象
代表制、参加、民主主義の民主化―自由民主主義体制の危機
リベラル・デモクラシーを下支えする「公共精神」をどこに求めるか―新自由主義的世界におけるネイションの規範的重要性の再評価)
2 グローバル化の中のセキュリティ(領土と主権に関する政治理論上の一考察―暴力、人民、国連をめぐるアポリアに抗して
ポスト・ヘゲモニー時代の国際秩序思想―地政学的思考の陥穽
例外状態における正統性をめぐる政治―セキュリティによる統治/民衆による支配)

著者紹介

杉田 敦 (スギタ アツシ)  
法政大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)