• 本

企業家に学ぶ日本経営史 テーマとケースでとらえよう

有斐閣ブックス 462

出版社名 有斐閣
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-641-18400-8
4-641-18400-3
税込価格 3,080円
頁数・縦 348P 22cm

商品内容

要旨

主要なテーマを解説したうえで、代表的な企業家を取り上げ、具体的なケースと豊富な資料にもとづいて解説。経営史の醍醐味を実感しながら学べる新しいテキスト。

目次

江戸期大商家の新時代への対応―三野村利左衛門(三井)
財閥の形成―中上川彦次郎(三井)
会社企業の成立―渋沢栄一
在来産業の革新―波多野鶴吉(郡是製糸)
大企業時代の到来―武藤山治(鐘淵紡績)
「都市型」産業の誕生―小林一三(阪急電鉄)
先駆的マーケティング活動―二代鈴木三郎助(味の素)
重化学工業の開拓―野口遵(日窒コンツェルン)
企業家活動の破綻―金子直吉(鈴木商店)
地方企業からの発展―石橋正二郎(ブリヂストン)〔ほか〕

出版社
商品紹介

主要テーマを設定し、それを体現する代表的な企業家を取り上げ、ケースと豊富な資料にもとづいて、いきいきと学べる入門テキスト。

著者紹介

宇田川 勝 (ウダガワ マサル)  
法政大学経営学部教授
生島 淳 (ショウジマ アツシ)  
高知工科大学マネジメント学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)