• 本

戦国大名の山城を歩く

出版社名 新紀元社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7753-1546-0
4-7753-1546-3
税込価格 2,376円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

目次

陸奥 南部氏 三戸城
出羽 安東氏 桧山城
陸奥 蘆名氏 向羽黒山城
上野 長野氏 箕輪城
下野 佐野氏 佐野城
下総 千葉氏 佐倉城
相模 北条氏 小田原城
能登 畠山氏 七尾城
美濃 斎藤氏 稲葉山城
越後 長尾氏 春日山城〔ほか〕

おすすめコメント

戦国時代に築かれた城は、本格的な天守や石垣を持たない、いわゆる中世城郭で、その総数は5万ともいわれている。本書はその中でも戦国大名が居城としていた主要な山城30余りを取り上げた。著者が実際に歩いた際に撮影した土塁や堀の写真をはじめ、攻防戦の城については合戦についても解説している。

著者紹介

小和田 泰経 (オワダ ヤスツネ)  
昭和47年(1972)東京生まれ。國學院大学大学院文学研究科博士課程退学。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)