• 本

武蔵野の遺跡を歩く 都心編

出版社名 新泉社
出版年月 2002年12月
ISBNコード 978-4-7877-0215-9
4-7877-0215-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 176,4P 21cm
シリーズ名 武蔵野の遺跡を歩く

商品内容

要旨

23区内にも遺跡が残されている!市民によって守られてきた遺跡、自然、そして博物館などを、訪ね歩く散歩コース12選。詳細な地図と豊富な写真で紹介。

目次

江戸城跡を歩く
本郷・弥生町の遺跡を歩く
上野・谷中の遺跡を歩く
飛鳥山の遺跡を歩く
芝・高輪の遺跡を歩く
大森の遺跡を歩く
赤塚の遺跡を歩く
石神井川の遺跡を歩く
石神井城跡を歩く
妙正寺川の遺跡を歩く
善福寺川の遺跡を歩く
荏原台古墳群を歩く

著者紹介

勅使河原 彰 (テシガワラ アキラ)  
1946年、東京都生まれ。西東京市田無第三中学校主任、明治大学文学部講師、文化財保存全国協議会常任委員、(財)トトロのふるさと財団理事
勅使河原 保江 (テシガワラ ヤスエ)  
1947年、東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)