• 本

ダージリン・ヒマラヤン鉄道

世界の狭軌鉄道:いまも見られる蒸気機関車 01

出版社名 メディアパル
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-8021-1020-4
4-8021-1020-0
税込価格 2,376円
頁数・縦 144P 19×22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

世界遺産の蒸気機関車、悠久のインド。

目次

ダージリン・ヒマラヤン鉄道の魅力
ダージリン・ヒマラヤン鉄道とは
ダージリンへの道「カオスの街」を往く
ダージリンへの道 DHR、山に挑む
ダージリンへの道 DHR「天空の路」
ダージリン・ヒマラヤン鉄道 DHRの機関車
ガイドを兼ねて 旅日記
ダージリン趣味

おすすめコメント

130年以上の歴史を持ち「世界遺産」にも登録されているダージリン・ヒマラヤン鉄道。標高121mのシリグリから2100mの天空の街、ダージリンまで81kmの「狭軌鉄道」です。英国領時代、避暑客と紅茶搬出のためにつくられた小さな鉄道が、今なお走りつづけています。「カオス」の街中を抜け、ヒマラヤからつづく険しい山岳地に挑む幅610mmの線路。そこで働く車齢100年を越える小さな蒸気機関車が14輛も残されています。メインテナンスできる工場もあって、しっかりと「世界遺産」は受け継がれています。 本書は、そのダージリン・ヒマラヤン鉄道の魅力を数多くの写真とともに紹介。沿線の情景、鉄道の歴史、14輛の蒸気機関車全部の解説など、読んで眺めて楽しめる構成になっています。

著者紹介

いのうえ こーいち (イノウエ コーイチ)  
岡山県生まれ、東京育ち。クルマ雑誌、書籍の制作を中心に執筆活動、撮影活動をつづける。近年は鉄道関係の著作も多く、月刊「鉄道模型趣味」誌、「ベストカー」誌に連載中。(株)いのうえ事務所、日本写真家協会、日本写真作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)