• 本

モーリイ鉄道とドイツの狭軌鉄道

世界の狭軌鉄道:いまも見られる蒸気機関車 05

出版社名 メディアパル
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-8021-1029-7
4-8021-1029-4
税込価格 2,376円
頁数・縦 144P 19×22cm

商品内容

要旨

現役で活躍する蒸気機関車。ドイツの軽便鉄道。

目次

モーリイ鉄道 Molliの魅力
モーリイ鉄道とドイツの狭軌鉄道とは
街を抜け保養地へ Molli、汽車の旅(バード・ドーベラン駅
駅前通り交差点
ホテル「ドーベラン・ホフ」 ほか)
ドイツの狭軌蒸機鉄道 11鉄道のダンプツーク(ドイツの11鉄道
リューゲン軽便鉄道
ハルツ狭軌鉄道 ほか)
ドイツの狭軌蒸気機関車(いまも走るTyp99
標準機1E1タンク機関車
マレー式とメイヤー式機関車 ほか)

おすすめコメント

北東ドイツ、バード・ドーベラン周辺は旧くから観光保養地として開けていました。その保養地への足として1886年に開通したのがモーリイ鉄道です。戦後は東ドイツだったこの鉄道は、まるで時間が停まってしまったかのように蒸気機関車だけで運行される歴史的な鉄道として残っていました。とくにバード・ドーベランの街中、石畳の道を「路面汽車」よろしく鐘を鳴らしながらゆっくりと走る姿は、多くの汽車好きたちを魅了しています。本書では、同じ地域のリューゲン島を走るリューゲン軽便鉄道をはじめとして、ドイツに残る11ヶ所の狭軌蒸機鉄道、またそこで使われている99型蒸気機関車についても詳述します。

著者紹介

いのうえ こーいち (イノウエ コーイチ)  
岡山県生まれ、東京育ち。クルマ雑誌、書籍の制作を中心に執筆活動、撮影活動をつづける。(株)いのうえ事務所、日本写真家協会、日本写真作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)