• 本

京浜東北線〈東京〜横浜〉根岸線、鶴見線街と鉄道の歴史探訪 東京湾の海沿いを走る、通勤・通学等の大動脈路線

出版社名 フォト・パブリッシング
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-8021-3075-2
4-8021-3075-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 127P 26cm

商品内容

要旨

東京湾の海沿いを走る、通勤・通学等の大動脈路線。3路線37駅すべて掲載!

目次

1章 京浜東北線(東京
有楽町
新橋 ほか)
2章 根岸線(桜木町
関内
石川町 ほか)
3章 鶴見線(鶴見
国道
鶴見小野、弁天橋 ほか)

おすすめコメント

京浜東北線・沿線の街と鉄道を2分冊で紹介!;今から103年前の大正3年に、京浜東北線の歴史が始まりました。東京駅から横浜の高島町駅(後に廃止)までの東海道本線の電車線が「京浜線」と名付けられて運転を開始。その後、昭和3年に東北本線の赤羽駅、昭和7年には大宮駅まで延伸されました。今回発売の2冊では、沿線の埼京線、根岸線、鶴見線沿線を含め、街と鉄道の歴史をご紹介します。

著者紹介

生田 誠 (イクタ マコト)  
1957(昭和32)年、京都市東山区生まれ。東京大学文学部美術史学専修課程修了。産経新聞社東京本社、大阪本社の文化部ほかに勤務。現在は地域史・絵葉書研究家として、内外の絵葉書の収集・研究および地域資料の発掘、アーカイブ構築などを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)