• 本

東急全線古地図さんぽ 懐かしい東急沿線にタイムトリップ

出版社名 フォト・パブリッシング
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-8021-3096-7
4-8021-3096-1
税込価格 1,998円
頁数・縦 143P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

1章 東横線(東横線が新幹線新横浜駅と直結する 渋谷
「渋谷村字下渋谷」がお洒落なファッションタウンに 代官山 ほか)
2章 池上線、東急多摩川線、目黒線、大井町線(駅前の繁華の立役者は池上線だった 五反田
関東有数の商店街はこうしてできた 戸越銀座 ほか)
3章 田園都市線(玉電が道玄坂発展の起爆剤となった 渋谷
渋谷〜大橋間の玉電運賃は3銭だった 池尻大橋 ほか)
4章 世田谷線(農村世田谷を変えた玉電下高井戸線 三軒茶屋
かつては世田谷城の城下町だった 世田谷〜上町 ほか)

おすすめコメント

今年2018年は、現在の東急電鉄の始祖にあたる「田園都市株式会社」が設立(1918年=大正7年)されて100周年になります。また、その後の路線網の中軸となる東横線が渋谷〜横浜間で開業して90周年となります。本書では東急の歴史が始まった当時の渋谷周辺をはじめ、昭和初期、昭和30年代、昭和60年代など1世紀の沿線各地の変貌をお楽しみ頂けます。また、大正時代、昭和初期、昭和30年代の沿線各地名所案内等をはじめとして、その時代にタイムトリップして頂くことが出来ます。

著者紹介

坂上 正一 (サカウエ ショウイチ)  
東京・深川生まれ、1972年東京都立大学経済学部卒業。日刊電気通信社に3年ほど在籍後、日本出版社に就職。その後、フリーランスとして生活文化をフィールドとして活動。2006年、新人物往来社『別冊歴史読本 戦後社会風俗データファイル』に企画・編集協力で参画後、軸足を歴史分野に。新聞集成編年史を主資料に明治・大正・昭和戦前の生活文化年表づくりに取り組み中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)