• 本

阪急全線古地図さんぽ 懐かしい阪急沿線にタイムトリップ

出版社名 フォト・パブリッシング
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-8021-3107-0
4-8021-3107-0
税込価格 1,998円
頁数・縦 142P 26cm

商品内容

目次

1章 宝塚線、箕面線(阪急の本拠地、百貨店、ホテルも―梅田
パリを描いた、佐伯祐三の生誕地―中津
神戸・宝塚・京都の三線が分岐―十三 ほか)
2章 神戸線、伊丹線、甲陽線、今津線(猪名川沿いに園田競馬場―神崎川・園田
神戸線・伊丹線の分岐点―塚口
武庫川の流れ、武庫郡にあった―武庫之荘 ほか)
3章 京都線、嵐山線、千里線(細川ガラシャの墓は崇禅寺に―南方、崇禅寺
京都線と千里線の分岐点―淡路
内環状線挟み、南北に長い駅舎―上新庄 ほか)

おすすめコメント

◆今年2018年は「箕面有馬電気軌道」が「阪急電気鉄道」に社名変更して100年。 ◆京阪神を結ぶ広域な路線網をもつ阪急全線の沿線古地図を楽しく紹介します。 ◆大正時代の鉄道開業前、昭和初期、昭和30年代の阪急沿線にタイムトリップすることができます。

著者紹介

生田 誠 (イクタ マコト)  
1957(昭和32)年、京都市生まれ。東京大学文学部美術史学専修課程修了。全国紙記者として東京本社・大阪本社の文化部に勤務。現在は地域史研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)