• 本

インド経済史 古代から現代まで

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8158-0964-5
4-8158-0964-X
税込価格 4,620円
頁数・縦 331P 22cm

商品内容

要旨

古代以来、有数の巨大経済でありながら看過されてきた、独自の発展のダイナミズムとは何か。地理・気候から商品・技術・知識まで、地域の固有性と世界経済との接続の効果を縦横に論じ、アジアとヨーロッパを結ぶ経済の全体像を浮かび上がらせる。現代の興隆への道筋をも示した初の通史。

目次

第1章 序論:インドとグローバル・ヒストリー
第2章 1200年までの港と後背地
第3章 後退する陸のフロンティア 1200〜1700年
第4章 インド洋貿易 1500〜1800年
第5章 貿易・移民・投資 1800〜50年
第6章 貿易・移民・投資 1850〜1920年
第7章 植民地化と開発 1860〜1920年
第8章 恐慌と脱植民地化 1920〜50年
第9章 貿易から援助へ 1950〜80年
第10章 市場への回帰 1980〜2010年
第11章 結論:新しいインド?

著者紹介

ロイ,ティルタンカル (ロイ,ティルタンカル)   Roy,Tirthankar
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(LSE)教授。専門は経済史
水島 司 (ミズシマ ツカサ)  
1952年富山県に生まれる。1979年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、東京大学大学院人文社会系研究科教授などを経て、東京大学名誉教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)