• 本

柔道実技虎の巻 柔道整復師の実技審査はこれで突破! 武道必修化で柔道の指導にあたっている中学体育教員も必読です。 どうせやるなら黒帯を取ろう!

出版社名 メディアパル
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-89610-825-5
4-89610-825-6
税込価格 2,200円
頁数・縦 97P 26cm

商品内容

目次

第1章 礼法(立礼
座礼 ほか)
第2章 受身(後受身
横受身 ほか)
第3章 投の形(浮落
背負投 ほか)
第4章 約束練習(大内刈→体落
大内刈→大外刈 ほか)
第5章 柔道における傷害の特徴と救急処置(救急蘇生法
生命にかかわる柔道における重大事故 ほか)
巻末特集 柔道実技審査虎の巻

出版社
商品紹介

柔道整復師の国家資格を取るために必要な柔道実技の教本。1981年世界王者の森脇保彦が執筆。

著者紹介

森脇 保彦 (モリワキ ヤスヒコ)  
1952年5月7日、広島県出身。柔道八段。1977年のバルセロナ世界選手権、80年のモスクワオリンピックは日本代表となるも、世界選手権は政治的な問題で中止、モスクワ五輪は日本がボイコットしたため、共に幻の代表となった。しかし、29歳で迎えた1981年マーストリヒトの世界選手権で見事金メダルを獲得した。引退後は国士舘大学の教員の道に進み後進の指導にあたる。現在、国士舘大学体育学部教授。横浜医療専門学校の柔道講師として、柔道整復師を目指す学生の指導も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)