• 本

さよなら未来 エディターズ・クロニクル2010−2017

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-00-023070-4
4-00-023070-0
税込価格 2,376円
頁数・縦 511P 20cm

商品内容

要旨

21世紀のテクノロジー・ビジネス・メディア・カルチャーを縦横無尽に横断する80篇!未発表原稿も多数収録!『WIRED』日本版・前編集長として、21世紀の最前線に触れてきた7年間の思索と発信の軌跡を集成。新しい世界への予感の書。

目次

これからの音楽の話のために
K‐POPの遠近法
読むが変わる
福島第一原発事故直後一〇日間の真実
メキシコの食いもんはうまいんですかね
ワインバーグ博士とありえたかもしれないもうひとつの原発の物語
え?マグロもなの?
血族―過去と未来のゴーストとしての人間
ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルジム
寿司でいくか、ハンバーガーでいくか〔ほか〕

おすすめコメント

世界の最前線に触れてきた気鋭の編集者(『WIRED』元編集長)による、思索と発信の軌跡を集成。

著者紹介

若林 恵 (ワカバヤシ ケイ)  
1971年生まれ。編集者・ライター。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社に入社、月刊『太陽』を担当。2000年にフリー編集者として独立し、以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長に就任。2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)