• 本

物語のものがたり

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-00-025327-7
4-00-025327-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 155P 20cm

商品内容

要旨

『秘密の花園』の主人公はなぜ憎たらしく描かれたのか。『赤毛のアン』の作者モンゴメリは、グリン・ゲイブルスという場所に何を託したのか。児童文学の名作を読み解き、いぬいとみこ、石井桃子、村岡花子、ビアトリクス・ポターら先人たちの仕事の核心に迫っていく。物語の名手による初の児童文学エッセイ集。

目次

1 『秘密の花園』ノート
2 物語の場所(「ほろびゆくもの」の行方―アリエッティの髪留め
木かげの家の小人たち
「深く関わっていける」資質
いとしのクレメンタイン、いとしのエリザベス
「赤毛のアン」の現在
ナチュラリストの描く森
うかつには読めない
ビアトリクス・ポターと湖水地方、そして「青い服のウサギ」
座談会 物語をめぐって(鶴見俊輔・別役実・梨木香歩))
物語のものがたり―あとがきにかえて

出版社・メーカーコメント

『秘密の花園』の主人公はなぜ憎たらしく描かれたのか。『赤毛のアン』の作者モンゴメリは、グリン・ゲイブルスという場所に何を託したのか。児童文学の名作を読み解き、いぬいとみこ、石井桃子、村岡花子、ビアトリクス・ポターら先人たちの仕事の核心に迫っていく。物語の名手による初の児童文学エッセイ集。

著者紹介

梨木 香歩 (ナシキ カホ)  
1959年生まれ。作家。『丹生都比売 梨木香歩作品集』『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』などの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)