• 本

アパレル興亡

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-00-061390-3
4-00-061390-1
税込価格 2,090円
頁数・縦 478,7P 20cm

商品内容

要旨

高度経済成長の栄光を謳歌したアパレル産業はなぜその輝きを失ったのか!?焼け跡からの勃興、群雄割拠の戦国時代からユニクロやZOZOまで、日本経済の栄枯盛衰とともに描く一大産業絵巻!

目次

第1章 笛吹川
第2章 つぶし屋と三越
第3章 百貨店黄金時代
第4章 株式上場
第5章 社長交代
第6章 ジャパン・アズ・ナンバーワン
第7章 カテゴリーキラー台頭
第8章 ヒルズ族の来襲
第9章 中国市場開拓
第10章 兵どもが夢の跡

おすすめコメント

経済小説の旗手が、大手婦人服メーカーを舞台に、焼け野原からのアパレル産業の復興、「ガチャマン」景気、百貨店の隆盛と高度経済成長、バブルの熱気、カテゴリーキラー台頭による平成の主役交代、会社とは何かを社会に問うた村上ファンドとの攻防、社長の死と競合他社による経営乗っ取りまでを描く。85年間にわたるアパレル業界の変遷というプリズムを通して展開する、戦後日本経済の栄枯盛衰の物語。

著者紹介

黒木 亮 (クロキ リョウ)  
1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務。2000年に国際協調融資の主幹事を巡る攻防を描いた『トップ・レフト』で作家デビュー。大学時代は箱根駅伝に2回出場し、20kmで道路北海道記録を塗り替えた。ランナーとしての半生は『冬の喝采』にノンフィクションで綴られている。1988年より英国在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)