• 本

チェルノブイリの祈り 未来の物語

完全版

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-00-061452-8
4-00-061452-5
税込価格 3,630円
頁数・縦 410P 20cm
シリーズ名 チェルノブイリの祈り

商品内容

要旨

一九八六年四月二六日午前一時二三分、その事故は起こった。人間の想像力をこえる巨大な惨事に遭遇した人びと。彼らの語る個人的な体験、苦悩をとおして放たれる切なる声と願いを、作家は被災地での丹念な取材により書きとめる。消防士の夫を看取る妻、事故処理にあたる兵士、動物を処分する猟師、汚染地に留まりつづける老婆、戦火を逃れてきた難民、そして子どもたち―。歴史からこぼれ落ちた小さな声の数々が響きあい、未来の物語がつむがれる。旧版より大幅な増補改訂が施された完全版。ノーベル文学賞受賞(2015年)、全米批評家協会賞受賞(2005年)。

目次

孤独な人間の声
見落とされた歴史、そしてなぜチェルノブイリはわたしたちの世界像に疑いをおこさせるのか―自分自身へのインタビュー
第1章 死せるものたちの大地
第2章 創造の冠
第3章 悲嘆に心うたれる

出版社・メーカーコメント

一九八六年四月二六日、その事故は起こった。人間の想像力をこえる巨大な惨事に遭遇した人びとが語る個人的な体験、その切なる声と願いを、作家は被災地での丹念な取材により書きとめる。消防士の夫を看取る妻、事故処理にあたる兵士、汚染地に留まりつづける老婆??。旧版より約一・八倍の増補改訂が施された完全版。解説=梨木香歩

著者紹介

アレクシエーヴィチ,スヴェトラーナ (アレクシエーヴィチ,スヴェトラーナ)   Алексиевич,Светлана
1948年ウクライナ生まれ。国立ベラルーシ大学卒業後、ジャーナリストの道を歩む。綿密なインタビューを通じて一般市民の感情や記憶をすくい上げる、多声的な作品を発表。戦争の英雄神話をうち壊し、国家の圧制に抗いながら執筆活動を続けている。2015年ノーベル文学賞受賞
松本 妙子 (マツモト タエコ)  
1973年早稲田大学第一文学部露文科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)