• 本

旺文社高校数学解法事典

第9版

出版社名 旺文社
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-01-075200-5
4-01-075200-9
税込価格 6,270円
頁数・縦 1287P 22cm
シリーズ名 旺文社高校数学解法事典

商品内容

要旨

数学1、数学2、数学3、数学A、数学Bの高校数学の全分野から典型的な良問約3,600問を収録した、解法定石の集大成版。

目次

数学1
数学A
数学2
数学B
数学3
融合問題
付録1 高校数学の発展
付録2 数学者と数学史年表

著者紹介

樋口 禎一 (ヒグチ テイイチ)  
横浜国立大学名誉教授・理博。1933年群馬県生まれ、東京教育大(筑波大の前身)大学院修了。専攻は多変数関数論
森田 康夫 (モリタ ヤスオ)  
東北大学名誉教授・理博。東北大学総長特命教授、学術会議会員。元旺文社版高等学校「数学」教科書の編集委員、新課程理数科の主査。1945年和歌山県生まれ、東大修士卒。専門は整数論および数学教育と入学試験(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)