• 本

田中角栄の昭和

朝日新書 244

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2010年7月
ISBNコード 978-4-02-273344-3
4-02-273344-6
税込価格 972円
頁数・縦 403P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

田中角栄とは、いったい何者だったのか?時代によってつくられ、時代をつくりかえた政治家。大衆の欲望を充足させた、悲しき代弁者。死したのちにも強力な「遺伝子」を残した絶対権力者―。昭和史研究の第一人者が異能宰相の軌跡を検証し、歴史のなかに正しく刻印する。

目次

序章 記憶のなかの指導者
第1章 戦わざる兵士の原風景
第2章 新世代の登場と挫折
第3章 権謀術数の渦中で
第4章 庶民宰相への道
第5章 田中内閣の歴史的功罪
第6章 落城、そして院政の日々へ
終章 田中政治の終焉とその残像

おすすめコメント

昭和は3人の首相によって総括できる。東条英機、吉田茂、そして田中角栄だ。今も、田中の「申し子」小沢一郎らが権力を握る。毀誉褒貶の著しい異能の宰相を厳しく検証し、歴史の中に正しく位置づける。この人物は何者だったのか!?

著者紹介

保阪 正康 (ホサカ マサヤス)  
1939年、北海道生まれ。同志社大学文学部社会学科卒。ノンフィクション作家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。『昭和史講座』など昭和史研究で第52回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)