• 本

まくらが来りて笛を吹く

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-02-331928-8
4-02-331928-7
税込価格 1,750円
頁数・縦 341P 19cm

商品内容

要旨

「まくら」を「文字」にしてみたら…芸能、コロナ、お仕事、スポーツに季語と、どんなお題でも、一之輔が「まくら」を語るようにつづります。「週刊朝日」の好評連載から125本を収録。

目次

第1章 芸能のまくら
第2章 コロナのまくら
第3章 新語&流行語のまくら
第4章 スポーツのまくら
第5章 おしごとのまくら
第6章 季節のまくら
第7章 身近な出来事のまくら

出版社・メーカーコメント

人気噺家・春風亭一之輔の最新エッセイ集。落語の本題に入る前に話すフリートーク「まくら」のように、巷で噂のあの話、この話について本音でつづります。先輩噺家・春風亭昇太の結婚についてつづった「遅すぎ婚」、あの不倫離婚で世間を騒がせた俳優についてつづった「共演者」、自身の持ちネタの長所、短所についてつづった「レギュラー」、入部後すぐに退部したラグビー部なのに、ワールドカップで経験者としてのコメントを求められてしまった際の気持ちをつづった「ラグビー」など。合計122本の思わず納得、つい吹き出すエッセイを収録。

著者紹介

春風亭 一之輔 (シュンプウテイ イチノスケ)  
1978年、千葉県生まれ。落語家。日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。2010年、NHK新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞を受賞。2012年、二十一人抜きの抜擢で真打昇進。2012年、2013年に二年連続して国立演芸場花形演芸大賞の大賞を受賞。寄席を中心にテレビ、ラジオなどでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)