• 本

こわい本 2

異形

角川ホラー文庫 う1−12

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-04-108990-3
4-04-108990-5
税込価格 968円
頁数・縦 345P 15cm
シリーズ名 こわい本

商品内容

要旨

戦争中の昭和15年。九州のある村ではアリ人間と呼ばれる奇怪な人間があちこちで生まれていた。天文学者の式島博士は、アリ人間の発生は11年周期の太陽黒点の異常発達と関係していること、地球破滅が近いことを知る。しかしそれを隠そうとする軍は博士を逮捕し拷問の後、笑い仮面をつけ獄門島に監禁した。そして再び大黒点の年が近づき、笑い仮面とアリ人間の戦いが始まった。「笑い仮面」(前・後)、「地球最後の日」収録。

出版社・メーカーコメント

幻のシリーズ『こわい本』、全作品完全収録でついに新装版で刊行スタート!異形をテーマに再編集。「笑い仮面」と「地球最後の日」を収録。楳図かずおの初期の傑作ホラーがシリーズで蘇る。巻末には本書のために新たに楳図かずおインタビューを収録。お宝コンテンツ満載。

著者紹介

楳図 かずお (ウメズ カズオ)  
1936年、和歌山県高野町に生まれ、奈良県五條市で育つ。小学校4年生で漫画を描き始め、高校3年生の時、『別世界』『森の兄妹』をトモブック社から単行本で出版し、デビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒット作により、“ホラー漫画の神様”と呼ばれる。『漂流教室』ほかで小学館漫画賞受賞。その他、タレント、歌手、映画監督など多数の肩書きを持ち、様々なジャンルで活躍中。2018年、『わたしは真悟』で仏・アングレーム国際漫画祭「遺産賞」受賞。また同年度、文化庁長官表彰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)