• 本

民王 シベリアの陰謀

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-04-111717-0
4-04-111717-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 317P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 民王 シベリアの陰謀

    池井戸潤のフィールドの広さに舌を巻く。「下町ロケット」」「半沢直樹」「陸王」などの超話題作に続く「民王」で始まった新総理の父とどら息子の物語の続編。ウイルスや緊急事態宣言とイマの現実を感じつつ、政治を面白いと思わせてくれる池井戸マジックにはまってしまう。社会派小説でここまで笑わせてくれるのはさすが!

    (2021年11月6日)

商品内容

要旨

人を凶暴化させる謎のウイルスに、マドンナこと高西麗子環境大臣が感染した。止まらぬ感染拡大、陰謀論者の台頭で危機に陥った、第二次武藤泰山内閣。ウイルスはどこからやってきたのか?泰山は国民を救うべく、息子の翔、秘書の貝原とともに見えない敵に立ち向かう―!!『民王』待望の続編!

出版社・メーカーコメント

謎のウイルスをぶっ飛ばせ!!発症したら凶暴化する謎のウイルスに、マドンナ大臣こと高西麗子が感染した。止まらぬ市中感染に、ピンチに陥った総理大臣・武藤泰山。バカ息子の翔、秘書・貝原らと解き明かす、その驚愕の真相とは……!?

著者紹介

池井戸 潤 (イケイド ジュン)  
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で直木賞、20年、野間出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)