• 本

欲望会議 「超」ポリコレ宣言

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-04-400212-1
4-04-400212-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 270P 19cm

商品内容

要旨

エロ、暴力、心の傷、ホラー、ゾーニング、変態、炎上、#MeToo、身体、無意識…「欲望」をテーマにこの世界を読み解けば、未来の絶望と希望が見えてくる―。哲学者×AV監督×現代美術家による衝撃の鼎談!

目次

第1章 傷つきという快楽(少女マンガという恋愛ポルノ
SNSの柴田さんは欲望を映し出す鏡 ほか)
第2章 あらゆる人間は変態である(『ゆらぎ荘の幽奈さん』問題をめぐって
エロティシズムと偶然性 ほか)
第3章 普通のセックスって何ですか?(#MeTooをどう考えるか
『デトロイト』と『スリー・ビルボード』 ほか)
第4章 失われた身体を求めて(ポリティカル・コレクトネスによる表象批判
変身する勇気がないと、傷つきから回復できない ほか)
終章 魂の強さということ(「ペドフィリア=絶対悪」が表すもの
未来を複数化する ほか)

おすすめコメント

AV監督・二村ヒトシ×哲学者・千葉雅也×現代美術家・柴田英里 ゾーニング、炎上、MeToo、ポリコレ……欲望をめぐる様々なテーマを、AV監督と哲学者と現代美術科が語りつくす。「オーガズムはポストトゥルース」「人間のエロさは滅びません」…至言も飛び出す異色の鼎談。

著者紹介

千葉 雅也 (チバ マサヤ)  
1978年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程修了。博士(学術)。専門は哲学・表象文化論。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授
二村 ヒトシ (ニムラ ヒトシ)  
1964年生まれ。慶應義塾大学文学部中退。アダルトビデオ監督
柴田 英里 (シバタ エリ)  
1984年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻領域修士課程修了。現代美術作家(彫刻中心)。文筆家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)