• 本

霧のむこうのふしぎな町 新装版

講談社青い鳥文庫 11−7

出版社名 講談社
出版年月 2004年12月
ISBNコード 978-4-06-148668-3
4-06-148668-3
税込価格 748円
頁数・縦 210P 18cm
シリーズ名 霧のむこうのふしぎな町

商品内容

要旨

心躍る夏休み。6年生のリナは一人で旅に出た。霧の谷の森を抜け、霧が晴れた後、赤やクリーム色の洋館が立ち並ぶ、きれいでどこか風変わりな町が現れた。リナが出会った、めちゃくちゃ通りに住んでいる、へんてこりんな人々との交流が、みずみずしく描かれる。『千と千尋の神隠し』に影響を与えた、ファンタジー永遠の名作。小学中級から。

おすすめコメント

21世紀の『霧のむこうのふしぎな町』完成! 発表以来30年にわたって読み継がれているファンタジー永遠の名作が新装版になりました。新しいイラストで彩られた新しいふしぎな町にようこそ! 心躍る夏休み。6年生のリナは1人で旅に出た。霧の谷の森を抜け、霧が晴れた後、赤やクリーム色の洋館が立ち並ぶ、きれいでどこか風変わりな町が現れた。リナが出会った、めちゃくちゃ通りに住んでいる、へんてこりんな人々との交流が、みずみずしく描かれる。『千と千尋の神隠し』に影響を与えた、ファンタジー永遠の名作。

出版社・メーカーコメント

少女の夏の、ふしぎでめちゃくちゃな冒険。1975年の初版以来ロングセラーを続ける、ファンタジーの傑作。心躍る夏休み、一人でふしぎな町にきた6年生の少女のおかしな体験が、みずみずしく描かれる。

著者紹介

柏葉 幸子 (カシワバ サチコ)  
1953年、岩手県生まれ。『霧のむこうのふしぎな町』で、第15回講談社児童文学新人賞、日本児童文学者協会新人賞受賞。『ミラクル・ファミリー』で、第45回産経児童出版文化賞受賞
杉田 比呂美 (スギタ ヒロミ)  
1959年、東京都生まれ。『ぼく、わん。』(中央公論新社)、『風たんてい日記』(小峰書店)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)