• 本

「ファインマン物理学」を読む 量子力学と相対性理論を中心として

出版社名 講談社
出版年月 2004年5月
ISBNコード 978-4-06-153251-9
4-06-153251-0
税込価格 2,160円
頁数・縦 203P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

死してなお、天才の名を欲しいままにする物理学者ファインマンは、1965年にJ.S.シュウィンガー、朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を授賞している。その数年前の1961年から2年にわたって、カリフォルニア工科大学において行われた講義を下敷きとして上梓されたのが、「ファインマン物理学」である。爾来、科学を志す者のバイブルとして親しまれてきた。本書は、ファインマンがその著書を通じて何を語り、何を伝えたかったのかに焦点を当てた、「ファインマン物理学」の真髄を知るための絶好の一冊である。

目次

第1章 いきなり?第5巻「量子力学」を読んでみる(個人的な思い出
いきなり?第5巻「量子力学」を読んでみる ほか)
第2章 量子力学のミステリー(世界にはボースとフェルミしかいない
ボース粒子は群れるのが好き ほか)
第3章 ファインマン流の相対性理論(第1巻「力学」の相対性理論に脱線してみる
ファインマン図について ほか)
第4章 シュレディンガー方程式の登場(ふたたび「量子力学」に戻ってみる
シュテルン‐ゲルラッハの装置を回転したらどうなった ほか)
第5章 ファインマンの径路積分とは何か(ちょっと素通り
径路積分よさらば ほか)

出版社
商品紹介

世界的名著といわれる「ファインマン物理学」で彼は何をいいたかったのか、彼の着想のどこがすごいのか、ファインマン物理学がまるごとわかる。

出版社・メーカーコメント

ファインマン物理学の全貌がわかる 世界的名著といわれる「ファインマン物理学」で彼は何をいいたかったのか、彼の着想のどこがすごいのか、ファインマン物理学がまるごとわかる。

著者紹介

竹内 薫 (タケウチ カオル)  
1960年東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。マギール大学大学院博士課程修了(専攻は超ひも理論の宇宙論)。理学博士。サイエンスライター。執筆や講義の傍ら、科学誌「Nature」の翻訳などもこなす国際派。その裏の顔はミステリー作家「湯川薫」である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)