• 本

完全独習現代の宇宙論 宇宙と天体の起源

出版社名 講談社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-06-153286-1
4-06-153286-3
税込価格 4,180円
頁数・縦 314P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

誕生の瞬間から、未来の終焉までの宇宙の進化史を読者が自力でたどれるように工夫した独習書。最小限の予備知識で、この大宇宙を解き明かす!

目次

エポック1 宇宙の誕生―宇宙開闢の物語(膨張宇宙の観測
フリードマン方程式 ほか)
エポック2 宇宙の晴れ上がり―輻射と物質の時代の終わり&暗黒時代の始まり(3K宇宙背景放射の観測
宇宙の熱史 ほか)
エポック3 宇宙の再電離―暗黒時代の終わり&天体時代の始まり(宇宙再電離の観測的証拠
宇宙再電離の物理 ほか)
エポック4 星と銀河の形成―構造形成の時代(大規模構造の観測
重力不安定と天体の形成 ほか)
エポック∞ 宇宙の未来―時空の果て(加速膨張の発見とダークエネルギー
宇宙と時空の未来)

出版社
商品紹介

我々の宇宙はどのように誕生し、進化したか?宇宙に終わりはあるのか?初等的な物理学を予備知識として、あくなき謎に挑む独習書。

著者紹介

福江 純 (フクエ ジュン)  
1956年山口県宇部市生まれ。1978年京都大学理学部卒業。1983年同大学大学院(宇宙物理学専攻)修了。京都大学理学博士。大阪教育大学助手、助教授を経て、大阪教育大学天文学研究室教授。専門は理論宇宙物理学、とくにブラックホール降着円盤やブラックホールジェットなど。天文教育にも関心が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)