• 本

X線・光・中性子散乱の原理と応用

出版社名 講談社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-06-154397-3
4-06-154397-0
税込価格 7,700円
頁数・縦 402,3P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 基礎編(X線・可視光・中性子の散乱機構の比較
散乱波の干渉とBorn近似:波動力学に基づく散乱の記述
X線・可視光の散乱 ほか)
第2部 X線・中性子散乱(等方性散乱)(孤立粒子の散乱
ゆらぎと散乱:散乱の統計理論と散乱体の統計的評価
粒子間干渉効果(その1:液体) ほか)
第3部 光散乱(固体・凝集体からの光散乱
実験装置および方法
ゆらぎによる光散乱 ほか)

おすすめコメント

X線、中性子、光の弾性散乱に関する理論を量子力学や電磁気学の基礎から解説。構造モデル式を正しく構築するために必携の1冊。

著者紹介

橋本 竹治 (ハシモト タケジ)  
Ph.D(マサチューセッツ大学)。1942年生。1965年京都大学工学部高分子化学科卒業、1967年京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻修士課程修了、1970年マサチューセッツ大学大学院高分子科学・工学研究科博士課程修了。その後、マサチューセッツ大学博士研究員、京都大学助手、同助教授を経て、1994年より京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻教授。現在は京都大学名誉教授および台湾国立成功大学客員教授。元日本原子力研究開発機構客員研究員ならびに元台湾国立清華大学栄誉講座教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)