• 本

土壌環境調査・分析法入門

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-155236-4
4-06-155236-8
税込価格 4,320円
頁数・縦 210P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

これ1冊で、土壌の背景知識と調査・分析技術が身につく!!

目次

1 土壌の性質と環境(土壌の成り立ち
土壌は何からできているのか
土壌が養分や物質を保持・受け渡しするはたらき
土壌生態系と物質循環
土壌の生物生産機能
水田の土壌・畑の土壌・森林の土壌
土壌と人類とのかかわり―土壌環境問題
土壌の種類と分類
土壌調査
土壌図の活用
土壌の機能解析と分析項目)
2 土壌の分析(土壌採取法
土壌の化学性分析
土壌の物理性分析
土壌の生物性分析)

おすすめコメント

土壌環境を守るためには、何をどうやって調べたらいいのか? 現場で役立つ情報満載。土壌調査に携わるすべての人の必携書。

著者紹介

田中 治夫 (タナカ ハルオ)  
農学博士。1991年東京農工大学大学院連合農学研究科生物生産学専攻博士課程修了。現在、東京農工大学大学院農学研究院准教授
村田 智吉 (ムラタ トモヨシ)  
博士(農学)。1997年東京農工大学大学院連合農学研究科生物生産学専攻博士課程修了。現在、国立研究開発法人国立環境研究所地域環境研究センター主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)