• 本

氷川清話

講談社学術文庫 1463

出版社名 講談社
出版年月 2000年12月
ISBNコード 978-4-06-159463-0
4-06-159463-X
税込価格 1,375円
頁数・縦 400P 15cm

商品内容

要旨

幕藩体制瓦解の中、勝海舟は数々の難局に手腕を発揮、江戸城を無血開城に導いて次代を拓いた。晩年、海舟が赤坂氷川の自邸で、歯に衣着せず語った辛辣な人物評、痛烈な時局批判の数々は、彼の人間臭さや豪快さに溢れ、今なお興味が尽きない。本書は、従来の流布本を徹底的に検討し直し、疑問点を正し、未収録談を拾い上げ再編集した決定版。

目次

1 履歴と体験
2 人物評論
3 政治今昔談
4 時事数十言
5 勇気と胆力
6 文芸と歴史
7 世人百態
8 維新後三十年

出版社・メーカーコメント

海舟が晩年語った人物評・時局批判の小話集幕末期の難局に手腕を発揮し、次代を拓いた海舟。歯に衣着せず語った辛辣な人物評、痛烈な時局批判は、彼の人間臭さや豪快さが伝わる魅力いっぱいの好著である。