• 本

小林秀雄対話集

講談社文芸文庫

出版社名 講談社
出版年月 2005年9月
ISBNコード 978-4-06-198416-5
4-06-198416-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 386P 16cm

商品内容

要旨

日本を代表する最高の知性・小林秀雄が、戦後に残した歴史的対話十二篇―。坂口安吾、正宗白鳥、青山二郎、大岡昇平、永井龍男、河上徹太郎、三島由紀夫、江藤淳、中村光夫、福田恆存、岩田豊雄、田中美知太郎の十二名を相手に、文学、美術、作家の生き方等、多彩なテーマを自由闊達に語り合い、人生の妙味と真実に迫る感銘深い一巻。格調高い精神のドラマが交響する第一級の文学史的資料。

目次

伝統と反逆(坂口安吾)
大作家論(正宗白鳥)
「形」を見る眼(青山二郎)
現代文学とは何か(大岡昇平)
批評について(永井龍男)
美の行脚(河上徹太郎)
美のかたち(三島由紀夫)
誤解されっぱなしの「美」(江藤淳)
白鳥の精神(河上徹太郎)
文学と人生(中村光夫
福田恆存)
日本の新劇(岩田豊雄)
教養ということ(田中美知太郎)

出版社・メーカーコメント

最高の知性が残した歴史的対話十二篇を収録多年の知己、坂口安吾、正宗白鳥、青山二郎、河上徹太郎、大岡昇平ら十二名を相手に、文学、芸術、作家の行き方等を自由闊達に語り合った第一級の文学史的資料。

著者紹介

小林 秀雄 (コバヤシ ヒデオ)  
1902・4・11〜1983・3・1。評論家。東京生まれ。東京帝大卒。1924年、『ランボー作品集』に出会い、文学の出発点となる。29年、「改造」の懸賞評論で「様々なる意匠」が二席に入選。翌年から「アシルと亀の子」などの文芸時評を始め、プロレタリア文学の観念性を衝き、批評家としての地位を確立。それは同時に、近代批評の創始でもあった。以降、昭和文学のひとつの中心をなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)