• 本

ベルのひみつの本屋さん

講談社KK文庫 A22−15 ディズニープリンセスビギナーズ

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-199591-8
4-06-199591-X
税込価格 734円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

これは、『美女と野獣』の物語で、ベルが野獣と出会うよりもずっと前、彼女がまだ小さい女の子のときのお話。わたしの名前は、ベル!大好きなお人形を、妖精に作りなおしたら、なぜか友だちのみんなに、「へんだ」といわれちゃったの。でも、べつにいいんだ。なぜなら、この村でわたしだけのひみつを発見したの!…みんなが「つぶれている」と思っていた本屋さんが、まだ、やっていたのよ!わたしだけの本屋、ステキだと思わない?小学校低学年から。

おすすめコメント

プリンセス・ビギナーズシリーズは、プリンセスの少女時代を描く等身大の物語。ベルが、まだプリンセスじゃなかった頃・・・・・・。町で父親と二人暮らししているベル。ある日、自分で妖精の耳と羽根をつけたお人形さんを学校に持っていたら、「このお人形変わってる、なんで変えたの?」とクラスメートに言われ、ショックを受けました。クラスのどのグループにもなじまない、ひとりぼっちのベルは、おばけが出るとうわさされる、つぶれた本屋にふらっと足を踏み入れたところ、実はその本屋が、まだ営業していることがわかり、本を読む楽しみを学びます。本だけが友だちと思っているベルですが、本屋が閉店するかもしれないと知り、仲間を増やして、いっしょに本屋を救うと決意します……。自分と違う「クラスメート」に、どうやったら「仲間入り」できるのか?