• 本

犬と鬼 知られざる日本の肖像

出版社名 講談社
出版年月 2002年4月
ISBNコード 978-4-06-208101-6
4-06-208101-6
税込価格 2,700円
頁数・縦 387P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

数々の文化遺産、美しい国土、すぐれた教育制度、世界一の個人貯蓄。それらがありながら、なぜ日本は道を踏み外すのか?『美しき日本の残像』(新潮学芸賞)の著者による衝撃的日本論。

目次

国土―土建国家
治山・治水―災害列島
環境―ステロイド漬けの開発
バブル―よき日々の追憶
情報―現実の異なる見方
官僚制―特別扱い
モニュメント―大根空港
古都―京都と観光業
新しい都市―電線と屋上看板
鬼―モニュメントの哲学
「マンガ」と「巨大」―モニュメントの美学
総決算の日―借金
国の富―お金の法則
教育―規則に従う
教育のつけ―生け花と映画
国際化―亡命者と在日外国人
革命は可能か―ゆでガエル

出版社
商品紹介

新潮学芸賞受賞の著者による、痛切な日本論。日本人にすら魅力的でなくなった日本を造ったのは誰か。日本への哀悼の辞。

おすすめコメント

数々の文化遺産、美しい国土、すぐれた教育制度、世界一の個人貯蓄。それらがありながら、なぜ日本は道を踏み外すのか?「美しき日本の残像」の著者による衝撃的日本論!!

出版社・メーカーコメント

新潮学芸賞受賞の著者による、痛切な日本論奇妙なモニュメントが都市の美観を破壊し、公共事業があらゆる自然を人工に変える。日本人にすら魅力的でなくなった日本を造ったのは誰か? 日本への哀悼の辞。

著者紹介

カー,アレックス (カー,アレックス)   Kerr,Alex
1952年米国メリーランド生まれ。1964年に初来日し、1966年まで父の関係で横浜の米海軍基地に住む。1974年エール大学日本学部卒業。日本学を専攻、学士号(最優秀等)取得。1972年から1973年まで慶応義塾大学国際センターでロータリー国際奨学生として日本語研修。1974年から1977年まで英国オックスフォード大学ベイリオル・カレッジでローズ奨学生として中国学を専攻。学士号、修士号取得。日本、アメリカ、ヨーロッパ各地で日本と東アジア美術に関する通訳、文化コンサルタント、執筆、講演を行う。20回に及ぶ自筆の「書」の展示会とイベントを日米で開催。1986年から1993年までトラメル・クロー社の日本代表を務める。クロー社と日本の機関投資家との投資、共同開発の企画を担当。1998年、写真家メーソン・フローレンスと「ちいおりプロジェクト」を発足。祖谷を中心にした「日本の田舎の保存、文化と自然の活性化」が目的。著書『美しき日本の残像』で1994年の新潮学芸賞(外国人初。2000年に朝日文庫に)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)