• 本

中原の虹 第2巻

出版社名 講談社
出版年月 2006年11月
ISBNコード 978-4-06-213739-3
4-06-213739-9
税込価格 1,760円
頁数・縦 371P 20cm
シリーズ名 中原の虹

商品内容

要旨

偉大なる母、西太后、死す。「この国は私が滅ぼす」。その悲壮な決意に、春児は、光緒帝は―。圧倒的感動で描かれる、ひとつの歴史の終焉。中国歴史巨編、佳境。

出版社
商品紹介

西太后の生涯が幕を閉じるころ、その力を存分に発揮しはじめたのは張作霖や袁世凱であった。

おすすめコメント

偉大なる母 西太后、死す。 「この国は私が滅ぼす」。その悲壮な決意に、春児(チュンル)は、光緒帝は――。 圧倒的感動で描かれる、ひとつの歴史の終焉。中国歴史巨編、佳境! 「春児(チュンル)。春児。私は死ぬけれど、どうかこの国の行末をおまえの目で見定めておくれ。 そしていつか、あの世で教えてほしい。陛下、この国はとうとう誰のものにもなりませんでした、っ てね」民を愛し、たった1人で清朝を支えた太后の美しくも凄絶な最期。そして最後の皇帝が、玉座に 登る――。

出版社・メーカーコメント

偉大なる西太后の最期。神々しいまでの感動滅び行く清朝を愛し、憂えた西太后の生涯が、ゆっくりと幕を閉じようとするころ、新しい時代に向けてその力を存分に発揮しはじめたのは張作霖や袁世凱であった。

著者紹介

浅田 次郎 (アサダ ジロウ)  
1951年東京都生まれ。95年『地下鉄に乗って』で第十六回吉川英治文学新人賞を受賞。97年『鉄道員』で第百十七回直木賞、2000年『壬生義士伝』で第十三回柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で第一回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)