• 本

革命をプロデュースした日本人

出版社名 講談社
出版年月 2009年11月
ISBNコード 978-4-06-215883-1
4-06-215883-3
税込価格 1,836円
頁数・縦 276P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

孫文と辛亥革命を最後まで支えた梅屋庄吉。遺言により封印されてきた驚愕の史実が甦る。

目次

第1章 「猫魂」が宿った少年
第2章 君は兵を挙げたまえ。我は財を挙げて支援す
第3章 革命を支えた映画ビジネス
第4章 中国の歴史が動いた日
第5章 大義をもって友をかくまう
第6章 恋愛シェルター
第7章 再起
第8章 引き裂かれる二人の盟約

出版社
商品紹介

勃興期の映画産業で築いた巨万の富を、梅屋庄吉は惜しげもなく孫文へ捧げた。2人の盟約とは。

出版社・メーカーコメント

孫文の革命へ2兆円を捧げた日本人がいた!勃興期の映画産業で築いた巨万の富を、梅屋庄吉は惜しげもなく孫文へ捧げた。二人の盟約とは?梅屋の死後、公開が禁じられていた資料が、曾孫により陽の目を見る

著者紹介

小坂 文乃 (コサカ アヤノ)  
東京生まれ。中学・高校時代を英国にて過ごす。立教大学社会学部観光学科卒業。卒業後、Waterford Wedgewood Japan株式会社勤務を経て、日比谷松本楼入社。現在、常務取締役企画室長。日英協会会員、「孫文と梅屋庄吉研究センター」(上海)顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)