• 本

フェルメールの眼 赤瀬川原平が読み解く全作品 新装版

出版社名 講談社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-06-217724-5
4-06-217724-2
税込価格 1,944円
頁数・縦 111P 18×18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

赤い帽子の娘
恋文
兵士と笑う娘
婦人と召使い
ぶどう酒のグラス
ワイングラスを持つ娘(婦人と二人の紳士)
中断されたレッスン
手紙を書く婦人と召使い
手紙を書く婦人
真珠の耳飾りの少女(ターバンの娘)〔ほか〕

著者紹介

フェルメール,ヨハネス (フェルメール,ヨハネス)  
1632‐75。オランダのデルフトに生まれ、43歳で同地に没す。21歳で結婚し画家組合に加入。30歳で理事となる(最年少での就任)。死後の遺産目録などの他は経歴不詳。19世紀半ばにフランスの美術批評家によって発掘され、ゴッホやプルースト、ダリなどに絶賛され、一般に知られるようになった。レンブラントを筆頭とする17世紀オランダ絵画を代表する画家として位置づけられている
赤瀬川 原平 (アカセガワ ゲンペイ)  
1937年、横浜生まれ。本名、赤瀬川克彦。画家、作家、路上観察家、エッセイスト、写真家など多彩な顔をもつ。武蔵野美術学校中退後、グループ「ネオ・ダダ」を結成、読売アンデパンダン展などで活躍。63年、千円札模型作品を発表し、後に裁判となる。高松次郎、中西夏之氏とハイレッド・センターを結成。79年、尾辻克彦の筆名で発表した『肌ざわり』が中央公論新人賞。81年には『父が消えた』で芥川賞、83年には『雪野』で野間文芸新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)