• 本

おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史

出版社名 講談社
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-06-218156-3
4-06-218156-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 286P 19cm

商品内容

要旨

日本各地の駅を訪れると、饅頭や羊羹、弁当などの食品が、その土地の名物として売られている。私たちにとって当たり前のこの光景は、実は他の国ではほとんど見られない(ロンドンのターミナルで「ビッグベン当」のようなものは見あたらない)。この類い稀なる「おみやげ」という存在は、鉄道を筆頭とする「近代の装置」が、日本の歴史、文化と相互作用して生まれたものだった―。近代おみやげの誕生と発展のありさまを描き出す、本格的歴史研究。

目次

序章 おみやげの起源とおみやげ文化
第1章 鉄道と近代おみやげの登場
第2章 近代伊勢参宮と赤福
第3章 博覧会と名物
第4章 帝国日本の拡大と名物の展開
第5章 温泉観光とおみやげ
第6章 現代社会の変容とおみやげ
終章 近代の国民経験とおみやげ

出版社
商品紹介

おみやげは、世界無二の文化である。鉄道・軍隊・博覧会…近代の装置と土地の歴史とが生んだ奇妙で愛すべき存在を、本気で考察する。

著者紹介

鈴木 勇一郎 (スズキ ユウイチロウ)  
1972年、和歌山県生まれ。青山学院大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(歴史学)。専攻は日本近代史、近代都市史。現在、立教大学立教学院史資料センター学術調査員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)