• 本

黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語

出版社名 講談社
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-06-218972-9
4-06-218972-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

50戦7勝、2着12回、3着8回―現役時代、勝ち切れなかった馬が、オルフェーヴル、ゴールドシップ、フェノーメノ、レッドリヴェールといったG1産駒を次々と輩出。いまや日本有数の種牡馬にまで成り上がった“大逆転”の軌跡。

目次

第1章 オルフェーヴルに受け継がれた烈しい気性のルーツ
第2章 種を制する者が競馬界を制す―社台が売却しかけた経緯
第3章 五〇戦七勝―二着一二回・三着八回から得られた確信
第4章 父のイメージを根底から覆した馬―ドリームジャーニー
第5章 日高にもたらした夢と希望―ナカヤマフェスタ
第6章 偶然が生み出した稀代の三冠馬―オルフェーヴル
第7章 「黄金の配合」と名門・メジロ牧場の今
第8章 親から子へ―代替わりして紡がれる新たな歴史

出版社
商品紹介

オルフェーヴル、ゴールドシップといった産駒たちが、次々とG1を勝つ種牡馬・ステイゴールド。彼が日高にもたらした夢と希望とは。

著者紹介

石田 敏徳 (イシダ トシノリ)  
1966年東京生まれ。早稲田大学第二文学部文芸学科卒業後、サンケイスポーツの競馬担当記者を経て、93年からフリーライターとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)