• 本

未闘病記 膠原病、「混合性結合組織病」の

出版社名 講談社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-06-219016-9
4-06-219016-8
税込価格 1,944円
頁数・縦 258P 20cm

商品内容

文学賞情報

2014年 第67回 野間文芸賞受賞

要旨

2013年2月、突然の高熱と激痛に襲われた作家は膠原病の一種、混合性結合組織病と診断される。不治、希少、専門医にも予測が難しいその病状…劇薬の副作用、周囲からの誤解、深まる孤立感。だが長年苦しんできたこの「持病」ゆえの、生き難さは創作の源だった。それと知らぬままに病と「同行二人」で生き、書き続けた半生をここに―。芥川賞作家のアラ還“教授”と15歳猫の静かな日常、猫は闘病中そして飼い主は難病と判明!!!あとがき「去年は満開の桜を静かに見ていた」書下ろし収録。

出版社
商品紹介

50代後半、老猫との2人暮らし。ようやく訪れた平穏な日々、のはずが。「難病」患者となった作家が描く疾風怒濤のハイパー闘病記。

著者紹介

笙野 頼子 (ショウノ ヨリコ)  
1956年、三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。81年「極楽」で群像新人文学賞受賞、91年『なにもしてない』で野間文芸新人賞、94年『二百回忌』で三島由紀夫賞、同年『タイムスリップ・コンビナート』で芥川賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞、2004年『水晶内制度』でセンタ・オブ・ジェンダー賞大賞、2005年『金毘羅』で伊藤整文学賞を受賞する。2011年より立教大学大学院文学研究科(比較文明学)特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)