• 本

殺人出産

出版社名 講談社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-06-219046-6
4-06-219046-X
税込価格 1,512円
頁数・縦 188P 20cm

商品内容

要旨

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい―。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない…。三人での交際が流行する、奇妙な世界を描いた「トリプル」など、短篇3作も併録。普遍の価値観を揺さぶる挑戦的作品集。

出版社
商品紹介

10人産めば、1人殺してもいい──。「殺人出産制度」が認められた世界。殺人は、本当に悪なのか?普遍のテーマに挑む衝撃作。

著者紹介

村田 沙耶香 (ムラタ サヤカ)  
1979年、千葉県出身。玉川大学文学部卒。2003年、「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作、09年、『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞、13年、『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)