• 本

甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊

出版社名 講談社
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-06-219176-0
4-06-219176-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

上杉慎吉と美濃部達吉が命がけで戦った、天皇を巡る思想のドラマを描き出し、「天皇とは何か」を考える必読書!国家破綻で民主主義が崩壊するとき、私たちは天皇制とどう向き合うか?

目次

第1章 神童・慎吉とその時代
第2章 欧州留学の激震
第3章 「天皇機関説」と「ドン・キホーテ」上杉慎吉
第4章 怒涛の政治の中へ
第5章 天皇機関説事件と「上杉慎吉の亡霊」
第6章 日本のデフォルトと新たなる「天皇機関説論争・事件」

著者紹介

原田 武夫 (ハラダ タケオ)  
1971年香川県生まれ。株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)代表取締役(CEO)。(現・公益財団法人)末延財団奨学生として東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に外務公務員1種職員として入省。12年間奉職し、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を最後に自主退職し現在に至る。情報リテラシー教育を多方面に展開、マーケットとそれを取り巻く国内外情勢の調査・分析や、次世代人材育成等を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)