• 本

愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-219693-2
4-06-219693-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 348P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「昭和」の主音とは何だったのか?ユーミンも知らなかった両家の歴史がここにある!

目次

つぶやき
愛国の擾乱
伝説の秘密クラブ
未来は霧の中
聖地神宮
風街ろまん
左岸と右岸
たしなみ
ブルジョアのロック少年たち
板倉片町キャンティ〔ほか〕

おすすめコメント

戦前最強の思想的家柄・頭山家と戦後最強エンタテイメントの家柄・松任谷家という「ネオ名家」を軸に織りなす決定版戦後史。「昭和」の主音(キーノート)とは何だったのか。ユーミンも知らなかった、両家の歴史が明らかになる。昭和という時代、面白い出来事、場所、人の近くには決まって「松任谷家」の人々がいた。そして、昭和をつらぬく精神性の基盤には決まって「頭山家」の信念があった。「松任谷家」の「発明」精神と、「頭山家」の「尊皇」精神ーー。「昭和」を、この上なく面白くスリリングな時代にした両家のハイブリッドの軌跡を描き出す。金を無心し、そのためだけに生きる輩が大半の中、その精神の気高さが光る、松任谷家と頭山家。エスプリで時代を切り拓き、大きな足跡を残した彼らは、群れることをせず、あくまでもインディペンデントでアマチュアだった。優雅とは俗から離れてゆとりがあること。頭山家と松任谷家は、恍惚と絶望が絶えず交差する現代史の中でさまざまな試練を与えられながらも、確かな目で文化を産み、選び、育ててきた。真に日本人らしくある、といことはどういうことなのか? 「優雅なアマチュア」でい続けることが、これからの日本人にとっての生きる指針になるだろう。

著者紹介

延江 浩 (ノブエ ヒロシ)  
1958年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。TOKYO FMエグゼクティブ・プランナー。小説現代新人賞。アジア太平洋放送連合(ABU)ドキュメンタリー部門グランプリ。ギャラクシー賞大賞。日本放送文化大賞準グランプリ(第1回、第4回)。放送文化基金ラジオ番組賞。JFN大賞、特別賞。文化庁芸術祭ドキュメンタリー部門優秀賞、民間放送連盟教養部門優秀賞。民間放送連盟報道部門優秀賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)