• 本

象の草子

〈現代版〉絵本御伽草子

出版社名 講談社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-06-219787-8
4-06-219787-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 34P 23cm

商品内容

要旨

「猫のつなをといて、自由にしてやること」太平の京の都に突然だされたおふれから巻き起こった猫とねずみの諍い。仲裁役の僧師はいかに収めたのか。軽妙にして風雅な語りで後の世に伝える、ことの真相とは―?

おすすめコメント

人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵とともに贈る愛蔵版シリーズ。「猫のつなをといて、自由にしてやること」慶長七年、洛中にだされたおふれに、猫たちは大喜び。これまでつなにつながれ大切に飼われていたが、晴れて自由の身となった。一方困ったのはねずみたち。猫たちに追われる身となり、物陰に隠れる日々に。猫を再びつなぐように訴える老鼠法師、それに反対する猫又和尚。それぞれの主張に僧師は如何に答えるか?通事をつとめた象の法師が伝える、ねずみと猫の諍いの顛末は?

著者紹介

堀江 敏幸 (ホリエ トシユキ)  
1964年岐阜県生まれ。作家・仏文学者。1999年に『おぱらばん』で三島由紀夫賞、2001年に『熊の敷石』で芥川賞、2004年に『雪沼とその周辺』で谷崎潤一郎賞など、数々の賞を受賞
MARUU (MARUU)  
1976年茨城県生まれ。画家。多摩美術大学卒業後、英国のキャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツでイラストを学ぶ。装画をはじめ、書籍、雑誌などで活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)