• 本

QJKJQ

出版社名 講談社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-06-220219-0
4-06-220219-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 309P 20cm

商品内容

文学賞情報

2016年 第62回 江戸川乱歩賞受賞

要旨

猟奇殺人鬼一家の長女として育った、17歳の亜李亜。一家は秘密を共有しながらひっそりと暮らしていたが、ある日、兄の惨殺死体を発見してしまう。直後に母も姿を消し、亜李亜は父と取り残される。何が起こったのか探るうちに、亜李亜は自身の周りに違和感を覚え始め―。第62回江戸川乱歩賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

市野亜李亜(いちのありあ)は十七歳の女子高生。猟奇殺人鬼の一家で育ち、彼女自身もスタッグナイフで人を刺し殺す。猟奇殺人の秘密を共有しながら一家はひっそりと暮らしていたが、ある日、亜李亜は部屋で惨殺された兄を発見する。その直後、母の姿も消える。亜李亜は残った父に疑いの目を向けるが、一家には更なる秘密があった。 「平成のドグラ・マグラ」 「ものすごい衝撃を受けた」 選考委員たちにそう言わしめた、第62回江戸川乱歩賞受賞作。

著者紹介

佐藤 究 (サトウ キワム)  
1977年福岡県生まれ。2004年に佐藤憲胤名義で書いた『サージウスの死神』が第47回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。『QJKJQ』は2度目の江戸川乱歩賞への挑戦で、受賞となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)