• 本

なぜイギリス人は貯金500万円で幸せに暮らせるのか? イギリス式中流老後のつくり方

出版社名 講談社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-06-220242-8
4-06-220242-5
税込価格 1,512円
頁数・縦 190P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

EU離脱を決めたイギリス。「下流」にならないための幸せな生活のつくり方。「貯金額≠老後の幸せ」お金に左右されない老後を考える。

目次

第1章 自分のしたいことを示せば、家族との良い関係が生まれる(90歳、公営住宅一人暮らしの美しい習慣
60歳目前で住宅ローンを組み古い校舎を購入。ティールームを起業
廃屋の生前贈与で財テクのリタイアメントライフ ほか)
第2章 パートナーも仕事も第二の人生は変わっていい(BBCの看板キャスター、靴下作りで故郷を守る!
元女優の、一時の名声より母とともにフランス移住の段取り
ウェールズの町会議員になった日本人の情熱的老後 ほか)
第3章 自分らしい老後設計は「貯金」より「習慣」が決め手(リタイアの達人に学ぶ、老後を幸せにする7つの習慣
家族より老後を助け合う友を持つ
アンティークの食器やコインが預金より老後を守るのはなぜ? ほか)

おすすめコメント

現役を退いた後、用意周到に備えなければ、老後の暮らしが破綻してしまうと感じる日本人。「長生きリスク」という言葉もささやかれる中、いくら貯金があってもまとわりつく老後への不安は、ますます強くなる。対して、30年以上の渡英経験のある著者が見てきたイギリス人の老後への思いは、なんとも大らかで、お金の心配とはほぼ無縁であった。預金額が9000ポンド(約140万円)未満の割合は実に40%強と日本人とは比較にならないほど、限られたお金しか持っていないにもかかわらず、である。「イギリス人は今日を生き、日本人はリタイア後を思いあぐねる」 著者が取材したあるイギリス人はこう語る。急場をしのぐための貯金と、暮らしのダウンサイジング。贅沢はできないけれど、幸せが感じられる毎日。それはどのようなものか。著者が取材したシニア世代のイギリス人たちの生活ぶりを通して、家族や友人との付き合い方、地域活動への参加、習慣、思考などを紹介し、イギリス式の中流老後を紐解いていく。EU離脱を決め、これからシステムも変わっていくであろうイギリスと日本の社会の仕組みの違いは認めつつも、不安が付きまとう日本の老後生活が、心豊かな自分らしい日々になりうるヒントを探る。

著者紹介

井形 慶子 (イガタ ケイコ)  
長崎県に生まれる。大学在学中から出版社でインテリア雑誌の編集に携わる。28歳で独立後、出版社を興し、イギリスの暮らしをテーマにした情報誌「ミスター・パートナー」を創刊、編集長に。30年以上の渡英経験から、イギリスについてのエッセイを執筆。日本外国特派員協会会員、ザ・ナショナル・トラストブランド顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)