• 本

広重TOKYO 名所江戸百景

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-220507-8
4-06-220507-6
税込価格 2,700円
頁数・縦 263P 21cm

商品内容

要旨

広重最晩年の代表作“名所江戸百景”。作品を、現代の地図・写真と一緒に見ることで、江戸と東京をつなぐ秘密がわかる!見て、知って、歩いて楽しむ江戸名所ガイドの決定版。全作品貴重な初摺!彫り、摺りともに国内外トップクラスの“名所江戸百景”を地域別に全点掲載。

目次

日本橋・霞が関界隈(日本橋界隈
霞が関界隈)
両国・浅草・上野界隈(両国界隈
浅草界隈
上野界隈)
佃島・深川・向島界隈(佃島界隈
深川界隈
向島界隈)
品川・大森・目黒・新宿界隈(品川界隈
大森界隈
目黒界隈
新宿界隈)
江戸川・隅田川上流・王子界隈(江戸川界隈
隅田川上流
王子界隈)

おすすめコメント

最高の初摺で楽しむ江戸の名所 歌川広重の最晩年の代表作<名所江戸百景>を、描かれた地域別にまとめた一冊。掲載するのは、彫り・摺りともに国内外トップクラスの「原安三郎コレクション」。全てが初摺で、保存状態も極めて優れているので、広重が表現しようとした形や色を鑑賞することができる。描かれた場所の現地取材を行い、作品全てに現在の写真と地図を掲載しているので、江戸名所めぐりにも役立つ。日本橋・霞が関界隈 両国・浅草・上野界隈 佃島・深川・向島界隈 品川・大森・目黒・新宿界隈 江戸川・隅田川上流・王子界隈

著者紹介

小池 満紀子 (コイケ マキコ)  
山梨県生まれ。都留文科大学文学部国文学科卒業。櫛形町立春仙美術館(現・南アルプス市立美術館)学芸員を経て、中外産業株式会社美術担当、公益社団法人川崎・砂子の里資料館理事、国際浮世絵学会理事
池田 芙美 (イケダ フミ)  
福岡県生まれ。サントリー美術館学芸員。東京大学大学院人文社会系研究科修了。2008年より現職。専門は日本近世絵画史。2013年第20回鹿島美術財団賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)